2021 J2 第3節 ジェフ千葉 VS ブラウブリッツ秋田 試合レポート

千葉 0-2 秋田

【ジェフ公式】【ハイライト】 2021明治安田生命J2リーグ第3節 ブラウブリッツ秋田戦

秋田は昨シーズンJ3をぶっちぎりで優勝しJ2への昇格を決めた。前節ではJ2初勝利もしており千葉としてはここで勢いを止めたいところだ。千葉は開幕から2試合連続1-1のドロー。ドローを活かすためにも秋田をしっかり叩いてホームで今シーズン初勝利を挙げたい。

千葉のスタメンはGKに椋大。DFは右から米倉、ミンギュ、大輔、安田。ボランチに小島と壱晟。右に福満、左に見木。2トップに大槻と船山という布陣。章太、新井、田口といった選手はまだ戻れず。小林も見てみたいな。溝渕の成長も見たい。

千葉VS秋田 スタメン

試合は開始2分、船山のCKがファーの米倉に合うがDFがブロック。船山は開幕戦でもいいCKを蹴っていたしセットプレイは貴重な得点源なのでこれからもいいキックを頼む。千葉はまずまずの入りが出来ていたが直後の4分、左サイドの裏を取られた所からクロスを入れられあっさり失点。あまりにもあっさりしすぎだ。クロスが入った時にエリア内に秋田の選手2人に対して千葉の選手は6人。しかしさらに後ろから入って来た秋田の選手2人は完全にフリーで狙いすまして打たれてしまった。

13分、秋田のロングスローのこぼれを中央からフリーで打たれるが枠外。17分、秋田のゴールキック一発から左サイドを崩され、クロスのこぼれを中央からフリーで打たれ2失点目。前半だけで2失点はあまりに痛い。今の千葉に3点取ってひっくり返すイメージは湧かない。

秋田は強かった時代の千葉のような、前線にボールが入るとリスクをかけて運動量豊富に次から次へと後ろから上がってくるおもしろいサッカーだね。攻撃はこうしないと点取れないよ、とお手本を見せてもらった気分だ。

千葉は船山が左サイドの深い位置でで起点になり壱晟や見木、安田との連携でいい形を作ったりもしたが決定機は作れず。前半の千葉の支配率は67%とらしからぬ数字だったが持たされていた感じだったし、2失点してからは秋田がリスクを冒す必要がなくなったことでさらにそれが強くなった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

完敗で3戦勝ちなし

49分、船山のミドルは枠外。59分、ミンギュ、壱晟、福満、船山とワンタッチでテンポよく繋がり、船山からのパスを受けた大槻が決定機を迎えるがシュートは枠を逸れた。ゴール裏のボールパーソンも天を仰ぐ。逆足とはいえ枠に持っていって欲しかった。

69分、大槻OUT、ブワニカIN。77分、船山OUT、岩崎IN。結局千葉はチャンスを作れないまま試合を終えた。千葉の支配率は71%。パス数は秋田の187本に対し千葉は735本。しかし終わってみれば千葉の枠内シュートは0という内容で文句なく秋田の完勝だった。

章太や田口が戻った所で劇的には変わらないだろうし、サウダーニャが大当たりであることを期待するしかないのか。今のサッカーだと前線に個の力で点が取れるタレントがいないと厳しい。まだ3試合、これからと言いたいところだが、ユン体制2年目だぞ。

未だに攻撃のスタイルというものが確立されておらずチームとしてどういう点の取り方をしたいのかが見えてこない。今日のように持たされるとなおさら。やりたいサッカーはしっかり守ってカウンターということなんだろうが、奪ってから手数をかけずフィニッシュまで行く場面も少ない。我慢して花は開くだろうか。

監督・選手コメント

尹晶煥監督

――攻撃面に対する評価をお願いします。

得点することができない攻撃は評価に値しないと思います。シュートに至るまでの過程までは良かったシーンもあったと思いますが、ゴール前での決定力がなければ、それ以外に何かを評価できるものではありません。繰り返しトレーニングをしながら成長させなければいけないと思います。

リスクを冒さなければ点は取れない。2人目3人目という動きがもっと欲しい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る