2019 J2 第18節 ジェフ千葉 VS 鹿児島ユナイテッドFC 試合レポート

千葉 2-1 鹿児島

昨シーズンJ3を2位で終えJ2昇格を決めた鹿児島ユナイテッドFC。千葉同様に下位で苦しんでいるが前節では東京V相手に3-1と快勝。勢いを持って初のフクアリに乗り込んでくる。ユナイテッド対決を制するのは千葉だぞってことで先輩の意地を見せたい。

スタメンはGKに鈴木。3バックは右から鳥海、増嶋、乾。WBは右に茶島が戻り左に為田。ボランチに熊谷、矢田。2列目に堀米、船山。ワントップにクレーベ。攻撃的な両WBなので積極的に点を取りに行きたい。

千葉VS鹿児島 スタメン

試合は開始直後から攻撃的に行く千葉が1分でシュート2本を打つ積極的な入り。6分には熊谷のサイドチェンジを右サイドで受けた茶島がカットインし素晴らしい左足ミドルを放つもわずかにGKに触られポスト。

しかし直後にスルーパスを通された所からピンチを作られるオープンな展開。7分にも同じ形のスルーパスを通されやや守備には不安を感じた。鹿児島はFWが斜めに裏へ抜けてCBの間にスルーパスを通す形を持ってるね。9分には矢田のクロスに堀米が合わせるもGK正面。

11分にはカウンターから堀米がドリブルで持ち込みパスを受けた船山がシュート。こぼれをクレーベがシュートを打つもブロックされる。18分には右サイドから上げられたクロスをファーでフリーになった五領にシュートを打たれるも鈴木がナイスセーブ。

27分には堀米がためて右サイドの茶島にパス。茶島のクロスにクレーベが頭で合わせるもGK正面。さらに直後には熊谷のパスを受けた船山が1対1のビッグチャンスを迎えるも決めきれず。

36分にも為田のキープから船山がミドルを打つも枠を逸れる。40分にも船山の裏へのボールに堀米が頭で合わせるもGK正面。結局千葉は前半だけでシュート14本(枠内10)を打つも無得点。鹿児島のシュートは2本に抑えてるだけにこの内容なら少なくとも1点は欲しかった。これまで決めるべき時に決め切れず痛い目にあってるからね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

危ない展開も逃げ切りに成功

52分、カウンターから堀米がドリブルで持ち上がり右の茶島へ。茶島のクロスをクレーベがニアで頭で合わせ先制。ようやく欲しかった先制点ををゲット。そうそう、クレーベを活かすのはこの形だよ。ゲリアだとこのクロスがない。まぁ茶島だと守備にリスクがあるわけだが。

54分、エリア内で受けた堀米がタイミングをずらしシュートを打つもGKに触られ決め切れず。57分、フィードをクレーベが頭で落とし、ドリブルで抜け出した堀米が折り返したクロスを船山が流し込み追加点。キレイに崩した。

これは3点目4点目あるぞと思いきやそうはならないのが今の千葉。むしろ2-0は危険なスコアという展開に。徐々に流れが鹿児島に傾いた64分、クロスをフリーで牛之濱に合わせられ失点。これでわからなくなった。

直後の65分にもニウドに決定的なシュートを打たれるも鈴木がナイスセーブ。鈴木は繋ぎの部分で危なっかしさを感じることもあるけど、決定機を何度か防いだしよくやってくれている。

67分、堀米OUT、真希IN。堀米は後半効いてたけどやっぱりこの時間が限界なんだろうなぁ。68分には増嶋がボールに触れず韓勇太に抜け出されるも1対1のピンチを鈴木がまたもやナイスセーブで救った。

73分、船山OUT、下平IN。77分、茶島OUT、勇人IN。足を攣る選手も多かったけど今日はよく走ってたし雨でピッチも重いしでしょうがない。AT6分もなんとか逃げ切り2-1で勝利。MVPは鈴木でしょ。決められておかしくない決定機を3本は防いでる。

監督・選手コメント

今のジェフが“一番ほしい形”での勝利だったと思います。もちろん2-0や3-0で勝つことが理想だけど、2-1になって、だけど最後までみんなで身体を張って守ったこととか、チャンスがあれば3点目を狙いに行く姿勢とか、そういう部分をしっかりと表現した上で、最後に2-1のまま試合終了のホイッスルを聞くことができた。それはものすごく大きいことだし、本当に意味のある1勝だと思います。もしかしたら、2-0、3-0で勝つゲームより、今の自分たちにとっては必要な結果だったかもしれません。

勇人のコメント。競った試合を勝ち切ったという意味では確かに大きいけど、見てる側としては前半で2-0、後半で3-0にして欲しい試合だった。こういう試合を経て、2-0、3-0で勝てるチームになれるように攻守の課題の改善を頼むぞ。

次節は柏との千葉ダービー。順位やチーム状況などは関係ない負けられない一戦。気持ちの見える試合を期待したい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る