2019 J2 第9節 ジェフ千葉 VS ファジアーノ岡山 試合レポート

千葉 0-0 岡山

江尻監督になってから4試合で2失点と内容的にも数字的にも目に見えて守備は安定してきている。その一方で得点は4試合で3得点となかなか伸びない。でも守備がボロボロで低迷していたチームを改善中なのでしばらくは我慢が続くだろう。失点が大幅に減ったのはいい兆候だ。

スタメンは守備陣はいつものメンバー。GK優也。3バックは右から新井、増嶋、エベルト。右のWBにゲリア。そしてようやく熊谷がスタメンに復帰。そして江尻監督が熊谷の横に置く選択をしたのは田坂だった。そうだよね、田坂外せないよね。2列目に茶島と浩平を置き、FWは誰かなと目をやると乾の名が。い、乾!?と思ったけど普通に左WBだった。FW登録は攻撃的に行けというメッセージかな?ワントップは寿人。

千葉VS岡山 スタメン

試合は2分に浩平がいいカットからエリアに入るもシュートに行けず。立ち上がりだし強引に打って欲しかった。岡山は11分に上田康太を怪我で欠くアクシデント。そして千葉も25分に田坂が膝を痛め負傷交代。田坂OUT、矢田IN。

田坂は一度ピッチに戻ったので重症ではないと思うが、プレイできる状態ではなかったから長引くかもしれない。熊谷が戻って来たら田坂が離脱。攻撃にスイッチを入れる選手として効いていただけにチームとしても痛い。

38分、中央を矢田→茶島→寿人→浩平と繋ぎフィニッシュまで行くも浩平のシュートは枠に飛ばず。前半は両チームともシュートも少なく決定機もない堅い内容だった。寿人がスタメンなのに寿人が活きるようなボールはまったく入らず。

ゲリアはトラップがいつも後ろだからプレイの選択肢が少ない。高い位置では相手にボールを晒すような位置に置いて縦に勝負する形を作って欲しい。ゲリアのスピードならヨーイドンでも勝てるでしょ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

攻撃の糸口なし

後半は立ち上がりから岡山が圧力をかけ千葉は押し込まれる形になった。47分、低い位置でボールを奪われレオ・ミネイロにあわやのミドルを打たれるも枠外。56分、乾OUT、下平IN。乾もチームとしてまず守備という意識があるだろうけど、もっと大胆に仕掛けて欲しかった。ヌルヌルドリブル見せてくれ。

82分、茶島OUT、為田IN。86分、カウンターからゲリアのパスを受けた為田が抜ければ決定機という場面で武田将平に引っ掛けられ武田にイエロー。江尻監督が武田をど突くおまけ付き。監督として褒められた行為ではないが熱い気持ちが見えて盛り上がる。ああいうのでチームにスイッチが入ったりもするよね。退席処分などにならないレベルで我慢してくれ。

結局両チーム共に決定機は作れないまま0-0のスコアレスドロー。熊谷がまだ万全じゃない中で田坂を失ったのは痛い。さらに攻撃が低迷する中でアランもクレーベも使えずというのももったいなかった。寿人が活きる形を全く作れなかったので早めにアランが見たかった。

それでも守備は安定していたし、まずは守備を安定させ負けないサッカーをする。その方向性は着実に前進している。攻撃に関しては狙いもそうだけど単純なパスミスも多いしまだまだだね。

監督・選手コメント

―― スタメンで佐藤寿人選手を起用されました。

今言ったように、彼の動き出しによって、いいタイミングで(前に)ボールが出てくるようになるので。ワンテンポ、ツーテンポ遅いタイミングでボールが出てしまうところ、今日もそうだったのですが、そういう部分も彼の動き出しをうまく利用して改善したいなと。

江尻監督のコメント。寿人は足元でボールを受けてなんとかするタイプではなくあくまでもフィニッシャー。ワンタッチでシュートを打てるような形を作りたい。

具体的には、勇気を持って縦に入れるところと、そこに対してサポートに入っていくところですよね。それは増やさなきゃいけないし、精度を上げなきゃいけない。

寿人のコメント。この仕事を田坂が上手くやっていたから離脱は痛い。

攻撃に関しては、もう少し強引さのようなものも必要なのかもしれません。1人で相手2人をはがすとか、少し無理のあるプレーを成功させるような力強さがないと、キレイにパスをつなぐだけではなかなか崩せない。

新井のコメント。茶島も同じようなコメントをしてるけど、ガツガツ突っかけて強引にシュートに行くようなプレイがもっと見たいね。特に茶島はそれが出来る選手だし。

これで江尻体制になり5試合で2勝2分1敗。得点3の失点2。攻守にド派手なエスナイデルサッカーと違い、地味ではあるが負けなくなってきているし失点も大幅に減った。これをベースに攻撃面を改善していき、少しづつ順位を上げて行きたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る