茶島雄介選手が期限付き移籍を延長

茶島雄介選手の期限付き移籍の延長について

茶島雄介のサンフレッチェ広島からの期限付き移籍の延長が発表された。

ジェフユナイテッド市原・千葉では、サンフレッチェ広島より期限付き移籍として加入している茶島雄介選手が契約を延長し、2019シーズンもジェフでプレーすることが決まりましたので、お知らせいたします。なお、契約により当該チーム同士の全ての公式戦…

ジェフのため全力で闘います。よろしくお願いします。

茶島の期限付き移籍延長はいいニュース。完全移籍がベストだけどまぁしょうがない。広島側が発表した茶島のコメントによると、復帰の選択肢もある中で千葉を選んでくれたようだ。ありがたいね。

 このたび、ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍しております茶島雄介選手につきまして、期限付き移籍期間を延長することが決定いたしましたので、お知らせします。

復帰の選択肢も与えてくださった中、ジェフでの仕事を中途半端にしたくないという自分の気持ちを尊重してくださったクラブには感謝しかありません。覚悟を持ってもう一年行ってきます。

今シーズンから加入した茶島はエスナイデル監督に重宝され39試合に出場と主力として貢献してくれた。しかし右SBやボランチなど、本職ではないポジションでの起用も多く、本領を発揮したとは言い難い。

それでもシーズン終盤には2列目で持ち味を発揮。縦への突破やパンチ力のある精度の高いシュートなど、能力の高さを見せてくれた。来シーズンは也真人の抜けた所にそのまま茶島でいいのではないか。やはり前で見たい選手だ。

エスナイデル監督はとにかく茶島をピッチに置くことからも高い評価をしていることがわかる。来シーズンもかなりの試合でピッチに立つだろう。2年目の茶島が最も力を発揮できるポジションで躍動することを楽しみにしている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る