2018 J2 第15節 横浜FC VS ジェフ千葉 試合レポート

横浜 3-3 千葉


前節ホームで新潟に完敗した千葉はアウェイ横浜に乗り込んでの一戦。もはやどんなシステム、メンバーになっても驚かなくなったけど、エスナイデル監督はあたりまえのように今節も変えてきた。GKはロドリゲス。DFは4バックで近藤が外れ、右から茶島、鳥海、増嶋、高木。アンカーに熊谷を置いて両サイドに小島と矢田、中央に船山。そして今節はラリベイと指宿の2トップをチョイス。対する横浜FCはイバとレアンドロドミンゲスの前線2人が怖すぎる。他にも両サイドは北爪と英二郎、ベンチには戸島と元ジェフの選手が名を連ねる。

横浜VS千葉 スタメン

試合は開始わずか7分、北爪がシンプルに裏に入れたボールに千葉のDFラインが揃わずループを決められ失点。イバに釣られた茶島が残ったのが原因だけど、そもそも急造サイドバックに完璧なラインコントロールを求めるのは無理がある。茶島やサリーナスのサイドバックは守備を犠牲にしても攻撃面を期待しての起用なので攻撃でガンガン行ってくれ。前半の千葉はポゼッションが64%あるのに枠内シュートは0。1点ビハインドで折り返すという悪い意味でいつもどおりの千葉の展開。

同点弾は50分。右サイドを指宿がドリブルで抜け出し中央の船山へ。これを船山がきっちり決めて同点。54分には左サイドを崩され決定的なピンチを招くもロドリゲスが救ってくれた。しかし61分、北爪のクロスを佐藤がシュート。これが鳥海に当たりコースが変わりコロコロとゴールに吸い込まれた。北爪にはいい仕事をされてしまったね。期待値の高かった選手だから他クラブで躍動する姿を見るのは複雑だ。

62分に小島OUT、サリーナスIN。小島はなかなか本領が発揮できない。ポジションの問題なのか連携面の不足なのか攻撃でも守備でも中途半端な印象。しかし63分、サリーナスのパスミスからショートカウンターを喰らい、ゴール中央からレアンドロドミンゲスに素晴らしいミドルを決められ突き放される。あの位置でレアンドロドミンゲスをフリーにしたらやられるわな。それにしても素晴らしいミドルだった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

打ち合いの末の土壇場での同点弾

それでも千葉は65分、左サイドを高木が崩しサリーナスから右サイドの茶島へ。折り返しを決めたのは今千葉で一番点の取れる男船山。1点差に詰め寄る。船山は献身性やチャンスメイクだけじゃなくゴールも増えてきて頼れる存在になってる。やっぱり船山に求めるのはゴールだよ。

68分にも決定的なピンチを迎えるも至近距離からのシュートをロドリゲスがナイスセーブ。ロドリゲスは当たってるし固定でいいと思うけどな。代える理由が見当たらない。78分に指宿OUT、清武IN。指宿は身長195cmのストライカーということで勝手に高さを武器にしたポストプレーヤーというイメージを持たれるけど、実際はまったく違うタイプ。ポストプレーヤーではないし、頭より足元で受けてドリブルで仕掛けるのが好きな選手だ。ラリベイとの2トップが機能してるようにも見えないし使い所がむずかしい。

82分には矢田OUT、近藤INでパワープレイへ。そして96分。ロドリゲスのフィードをラリベイが落とし、こぼれをボレーで叩き込んだのは清武。土壇場でのゴールで3-3とし打ち合いはドロー決着。千葉は勝点1を拾い、横浜は勝点2を失った。

Jリーグの試合日程と結果一覧。試合日には速報もご利用いただけます。

前節に早い時間帯に出てなかなか思うようなプレーができず、ふがいないプレーだったので、本当に悔しかった。今節、なんとかしないといけないと思っていたので、それが結果につながったのは良かった。

清武のゴールで追いついたのは良かった。アウェイで1-3という劣勢から追いつき勝点1を拾ったのは大きい。それでも順位は一つ落ちて18位。今の千葉はドローでオーケーという状況ではない。失点数はまたもやリーグワーストに。次節ホームで迎える相手は熊本。千葉と並んでリーグワーストの28失点と守備に問題を抱えている。今日のドローをいい流れに繋げるためにも勝点3を期待したい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
リンクバナー
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る