2018 J2 第1節 東京ヴェルディ VS ジェフ千葉 試合レポート

東京V 2-1 千葉


2018年もいよいよサッカーシーズン到来。開幕戦のアウェイ、東京ヴェルディ戦はジェフにとってむずかしい試合になった。スタメンはちばぎんカップと同じメンバー。エベルトは間に合わず。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

開始9分の悪夢

立ち上がりからうまくプレスがハマらず裏を取られる危険なシーンが。そして9分にまた裏を取られ後ろから相手を倒した増嶋が一発レッド。前半9分で一人少なくなるというキツすぎる展開に。増嶋のプレーに関してはDFならあそこはいくよね。まだ立ち上がりだから退場にはなりたくないといってみすみす相手にシュートを打たせるDFはいないだろう。増嶋としてはなんとかイエローでというプレーだったのではないか。ファウルももちろんだけど、そもそも裏に抜け出されたあの形を作られたのがマズい。DFを入れるため也真人を下げるという苦渋の選択。そんな中良かったのは代わりに入った鳥海がそつなくプレーしたこと。鳥海としてもむずかしい状況でのプレーだったけどしっかりやれていた。最後に足がつるのはしょうがない。

一人減っても数的不利はさほど感じずボールは持てていたしチャンスも作れた。前半を0-0を終えたのはまずまずだった。しかし後半3分にアラン・ピニェイロのピンポイントクロスをドウグラス・ヴィエイラが押し込み失点。ますますむずかしい状況に。レフェリングも増嶋のレッドは妥当としても全体的にストレスのたまるジャッジが多かった。55分に指宿を、68分に小島を入れて点を取りにいくも運動量も落ちてきてなかなかフィニッシュまでいけず。さすがに今日はきびしいかなと思った86分、ロドリゲスのフィードをラリベイがセンターラインあたりですらし、指宿がからんだ流れから茶島がクロス、それを長い距離を走ってきたラリベイが素晴らしいボールへの入り方で頭で流し込み同点。エースは今年もやってくれそうだ。

このまま終わってくれ。今日の展開で同点なら御の字だと思った90分、CKを畠山に押し込まれ追加点。ロドリゲスは出ようとして出れず中途半端なポジショニングになってしまった。あそこはロドリゲスに処理してほしいというのが正直なところ。とはいえロドリゲスはまだ始まったばかり。コミュニケーションや連携はこれから良くなる一方なんだから期待したい。

開幕戦は1-2で敗戦という残念な結果だったけど、84分間一人少ない状況で戦って数的不利はさほど感じず同点にも追いつけたという点は評価材料。鳥海は計算できそうだし、ロドリゲス、茶島、小島といった選手たちも今シーズンからの加入なので本領発揮はこれからだろう。個人的な不安材料は昨シーズンの終了後にもツイートしたけど、


ボランチ2枚で7連勝の快進撃を演じたのに、また監督がアンカーにこだわって勝ち点を取りこぼすんじゃないかということ。自動昇格を狙うなら取りこぼしはできない。良かった時のシステム、戦術でいいのではないか。シーズンが終わった時に序盤の取りこぼしがなければ、ということは避けたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
リンクバナー
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る